よろしければこちらもご覧ください

LINEは2月9日、ECや決済、O2O領域などのサービスを展開する事業者を支援する投資ファンド「LINE Life Global Gateway」の設立を決定したと発表した。オンライン・オフラインの垣根を越え、生活に密接したプラットフォーム作りへの取り組みを加速、強化する。

「LINE Life Global Gateway」の予定投資規模は約50億円。運用期間は2月4日から10年間で、出資・運用会社は「LINE Ventures」。

ファンドは、O2O、EC、決済、メディア、エンターテイメント領域のサービスを展開する事業者を資金面で支援。LINEと連携することで、LINEを中心とした周辺サービスの拡充を図る狙い。LINEがグローバルプラットフォームとして飛躍するための基盤を築くとしている。

LINEは2014年10月に開催した「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」で、生活に密着したプラットフォームをめざすことを宣言。ファンド設立はこの取り組みを加速し、強化するもの。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム