よろしければこちらもご覧ください

下着のECを手掛ける白鳩が4月23日、東京証券取引所ジャスダック市場に株式を上場した。発行価格520円に対し、初値は760円。終値は682円だった。同日時点での時価総額は25億7100万円。

新規上場によって調達する見込みの約2億5000万円の資金は、自社サイトや配送センターの改良、スマートフォンアプリの構築、メールマガジン配信ソフトなどを導入。2年後の基幹システム改良に向けたソフトウエアの更新、配送センター内の業務効率向上のための費用などに充当する。

2015年8月期中に海外販路拡大の一環として、中国現地法人を設立する予定で、その設立費用にも活用する予定。

白鳩は創業者の池上勝社長が74年に設立。95年から通販を開始し、その後、カタログ通販、ネット通販へとチャネルを転換。店舗展開も進めている。同社の主力商品である下着はSKU単位で商品管理が必要で、早くから自社開発の通販システムを導入。商品管理、顧客などのデータを重視した経営を進めてきた。

13年8月期業績は、売上高が29億5300万円(前期比21.9%増)、経常利益が1億1800万円(145.8%増)、当期純利益は6800万円(前期は7700万円の赤字)。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム