靴とファッションのECサイトを運営するロコンドはアウトレット品のECに参入する。アウトレット品を扱う専用ECサイトを4月23日に開設。返送料の一部をロコンドが負担するサービスを設け、アウトレット品の購入ハードルを下げる。消費増税などで低価格品を求めるユーザーの需要を開拓し、15年2月期にアウトレット品の売上高20億円を目指す。

新たに立ち上げるサイトはアウトレット専用のECサイト「LOCOLET(ロコレット)」。靴やバッグを中心に、有名ブランドの正規品を取り扱う。送料は無料で、定価から平均30%~80%割引で販売する。

ロコンドによると、通常のアウトレットECサイトの場合、ユーザーが返送すると、梱包箱が60サイズ~100サイズで756~2376円を消費者が負担しなければならないという。ロコンドは着払いを活用し、返送には一律返送料750円を負担。差し引いた金額を顧客に支払ってもらう。「アウトレットアイテムをネットで購入するハードルを下げ、安心してショッピングをしていただくことが可能」(ロコンド)という。

ロコンドの14年2月期における取扱高(サイトで流通した額)は前期比約70%増の52億円。15年2月期は取扱高100億円を目指している。損益面では、初の決算となった12年2月期から前期まで3期連続の最終赤字を計上しているが、取扱高の増加効果などで今期は黒字化を見込んでいる。

ロコンドが開設したアウトレット専用ECサイト「LOCOLET」

ロコンドが新設したアウトレット専用ECサイト「LOCOLET」
この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]