現在地

サイト内検索・レコメンドソリューションを提供するゼロスタートは5月14日、直近1カ月間で2回以上ネットで買い物をした全国在住の500名を対象に「ECサイト内検索に関する意識調査」を実施、回答者の84%がECサイト内の検索を利用している実態が判明した。

多くのECサイト利用者が目的のECサイト内に設置された検索を使用したものの、79%が「サイト内検索で目的の商品を見つけられなかった」という経験があった。

その際、「根気よく同サイト内を検索する」と回答したのは5%にとどまり、59%が「諦めて別のサイトで購入する」傾向が判明。「近くの店舗で購入する」と29%が答えている。

ゼロスタートが実施した「ECサイト内検索に関する意識調査」

購入目的で訪問したECサイトでサイト内検索を使用したものの「該当するものは0件」と表示された経験がある消費者は全体の94%を占めた。「該当0件」の表記を見た際、消費者は「がっかり」「他のサイトで探そうと思う」「不愉快になる」といった心情を持つという。

ECサイトにおける残念な点などもヒアリング。1位は「商品の在庫が無かった」で、「探している商品が見つからなかった」、「探している商品を探すのに苦労した」が続いた。商品購入の導線に関する項目が上位に上がっている傾向がある。

ゼロスタートでは「実店舗の棚づくりと同様に、購買意欲の高い消費者をSEOや広告などでサイトまで連れてきたとしても、サイト内検索の精度が低いことで容易にサイト離脱が起こり、購買の機会損失を生んでいることが分かった」とまとめている。

ECサイト内検索に関する意識調査

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム