よろしければこちらもご覧ください

オークションサイト「eBay」を運営する米イーベイは5月21日、登録会員のパスワードやメールアドレスなどの個人情報が流出したと発表した。合わせて、1億4500万人のユーザーに対しパスワード変更を要請している。

同社によると、サイバー攻撃者が少数の従業員のログイン認証情報を漏えいさせ、イーベイの社内ネットワークへの不正アクセスが行われた結果、2月末から3月初めに電子メールアドレス、暗号化されたパスワード、誕生日や住所などの個人情報が閲覧された可能性があるとしている。クレジットカード情報は別に管理されており、流出していない。

同社のネット決済サービス「ペイパル」利用者の個人情報も別に管理されており、影響はないという。

なお、「eBay」の商品を日本語で入札、落札できるサービス「セカイモン」においても、「会員のデータベースが別になっているので、影響はない」(セカイモン広報)としている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]