電通と電通デジタル・ホールディングスは、ECサイト構築パッケージを提供するエスキュービズム・ホールディングスに総額約2億円を出資した。今年2月に電通はエスキュービズムとの業務提携を発表し、ECプラットフォーム「DECIDE」の開発と販売に乗り出している。両社の提携関係をより強化。電通グループのEC市場への進出を進めるため、出資に至った。

エスキュービズムは、EC事業者向けパッケージ「EC-Orange」を提供し、ECサイトのフロントから、バックオフィスまでの機能をまとめて提供。主に年商10億円を超えるEC事業者への導入が進んでいる。店舗連携(OtoO)向け機能を強化しており、こうした評価が高いという。

「EC-Orange」をベースに、広告配信ツールや顧客管理ツールなどからのデータを取得。蓄積し、広告の出し分けを自動的にコントロールするシステムが「DECIDE」。電通は今後、このサービスをEC分野で大きく打ち出していく予定だ。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]