よろしければこちらもご覧ください

楽天は、1月26日の東京会場を皮切りに、大阪、福岡、札幌、名古屋、仙台の全6都市で、2016年の戦略や最新事例などを出店店舗と共有するイベント「楽天新春カンファレンス2016」を開催する。今回のカンファレンスのテーマは「smart」。その理由や見所などについて、楽天新春カンファレンス2016事務局の中村尚史氏に聞いた。

仲山学長とイベントブースで買い物するツアーも開催

楽天新春カンファレンス2016事務局
中村 尚史 氏

――2016年の楽天新春カンファレンスはテーマは「smart」ですが、その理由は。

楽天では、カンファレンスごとにテーマを設定してきました。今回は、「smart」というテーマで開催します。シェアリング・エコノミーやIOTなどテクノロジーの発達により、ユーザーや出店者を取り巻く環境は多様化しています。今後、そんな日進月歩の環境の中で、ECがどのように対応していくかを考えるカンファレンスになればと思っています。それに伴い、今回のカンファレンスでは、楽天もさまざまなニーズに対応した多様な講演を用意し、開催します。

――今回の見所は。

東京の基調講演には放送作家、脚本家として活躍されている小山薫堂さんを招きます。各種講演ではコピーライターやディレクターの方など、いろんなアイデアを生み出す人に登壇いただき、店舗さんに刺激を受けていただきたい。

とはいえ、この機会に楽天市場の仕組みをしっかり学びたい、と参加される店舗さんも多いので、各種機能が学べる楽天社員講演のフォーラムも用意しています。

前回のカンファレンスで好評だった他の店舗さんと交流が行えるさまざまな仕組みや、ツアー企画などは今回のカンファレンスでも実施します。

新たな企画としては、楽天大学の仲山進也学長と元「ほぼ日刊イトイ新聞」でプロデューサーだった西本武司さんと一緒に、イベントスペースにブースを構えるお店で買い物をするツアーを実施します。その後、買い物した際にどう感じたかなどを話し合う予定。とても刺激を受けることができる取り組みだと思います。

地方会場では、ECコンサルタントとしっかり話し合えたり、地方ならではのつながりが形成できるような取り組みを実施します。

――参加しようかと考えている店舗さんに一言お願いします。

楽天カンファレンスは、楽天市場の魅力が凝縮された場だと思います。来場していただき、インスピレーションを受けていただければ、店舗さんはこれまでとは違った形でお客さまにサービスを提供できるようになると思います。ぜひ、新しい刺激を楽しんでください。

※1月22日19時45分に一部修正しました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]