ペイジェントは8月24日、EC事業者など加盟店に対して提供する決済手段の1つとして楽天のID決済サービス「楽天ID決済」を追加した。

ペイジェントの決済サービスを導入する加盟店は、クレジットカード決済や銀行振込、コンビニ決済など併せて、「楽天ID決済」の提供が可能となる

「楽天ID決済」は累計会員数1億1040万人(2016年6月時点)の楽天会員が楽天グループ外のECサイトでも、楽天会員IDを用いてオンライン決済が利用できるサービス。

楽天会員IDに登録しているクレジットカード情報を利用して決済できることに加え、決済時には「楽天スーパーポイント」の獲得・利用することができる。

EC事業者は「楽天ID決済」の導入で、決済選択時の離脱率の低下が期待できる。また、「楽天スーパーポイント」の獲得・利用できるので、消費者の購買意欲を増加し、売上拡大を図ることが可能。

「楽天ID決済」の導入メリット

楽天では現在、各種ショッピングカートやEC構築パッケージ、決済代行サービスとの連携を進めている。1年前は1000サイトほどだった導入サイトは現在、3000サイトほどにまで拡大。物販サイトからの導入が増えているという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム