家具量販店「IKEA」を展開するイケア・ジャパンは10月16日、拡張現実(AR)技術によって家具の設置シミュレーションを行えるスマホアプリ「IKEA Place」の配信を開始した。

設置シミュレーションを行った後、アプリから直接オンラインショップに移動し、商品を購入することも可能。リビングで使用する家具を中心に2000商品以上を登録している。

スマホのカメラで自宅などの床をスキャンしてから、欲しい家具を選択。設置場所を指定すると、設置後のイメージを立体的に確認できる。

「IKEA Place」で子供用チェアを選択(編集部が撮影)

設置する空間に合わせて、商品のサイズをアプリが自動で調整。イケア・ジャパンによると再現性は98%で、家具の布地の質感や家具に当たった光や影の具合まで確認できるという。

アプリでシミュレーションした家具は画像や動画として保存し、知人などとシェアできる。

「IKEA Place」でシュミレーションした商品をイケアのECサイトで購入することが可能

アプリから直接オンラインショップに移動することができる(画像は編集部がキャプチャ)

アプリのリリース時点では、ソファー、アームチェア、フットスツール、コーヒーテーブルの全商品に加え、売れ筋の収納家具など、リビングで使用する大型家具などが登録されている。現在、「IKEA Place」が使えるOSはiOS11。

イケア・ジャパンのECは店舗単位で段階的に拡大してきた。2017年1月に福岡県と熊本県の店舗で開始し、4月から全店舗で実施。10月11日からは配送対象地域を一部離島を除く全国に広げた。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム