中国で行われたネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)で、中国のECプラットフォーム最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)の取扱高(GMV)が、過去最高となる2135億元(日本円で3兆4160億円、1元16円換算)を記録した。

日本のEC市場で取扱高トップである楽天の2017年度(2017年1~12月期)国内EC流通総額は3兆3912億円。「独身の日」1日で楽天の取扱高を上回る取引が行われた計算になる。

中国で始まったネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)で、中国のECプラットフォーム最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)の取扱高(GMV)は過去最高となる2135億元(日本円で3兆4160億円、1元16円換算)を記録した
過去最高となる2135億元(日本円で3兆4160億円、1元16円換算)を記録した(画像はアリババ運営の『Alizila』からキャプチャ)

アリババによると、2018年は消費者の40%以上が国際ブランドから商品を購入。ダイソン、キンドル、エスティローダー、ロレアル、ネスレ、ギャップ、ナイキ、アディダスなど237のブランドは流通総額が1億元を超えたという。

なお、販売国上位はトップが日本。米国、韓国、オーストラリア、ドイツが続いた。

2018年も大きく取扱高が伸長した理由としてアリババがあげたのがオンラインとオフラインの融合をめざすO2O戦略「ニューリテール」(新小売)。アリババグループの生鮮スーパー「盒馬鮮生」(ファーマーションシェン)では多数のプロモーションを展開。アリババとのパートナーシップ「Ling Shou Tong」関係にあり、「Tmall」にも出店しているパパママショップ約20万店舗でもオンライン販売プロモーションを行い、実店舗からオンラインへの誘導などにつなげた。

【2018年「独身の日」の取扱高推移】

  • 2分5秒で100億元
  • 28分41秒で520億元
  • 35分17秒で571億元
  • 57分56秒で666億元
  • 1時間16分で912億元
  • 1時間47分で1000億元
  • 6時間4分で1111億元
  • 8時間8分で1207億元
  • 12時間8分で1500億元
  • 15時間49分39秒で1682億元

アリババグループの2018年の「独身の日」概要と戦略

アリババグループはこれまで、11月11日の約1週間前から予約注文を開始していたが、2018年は10月20日から中国国内向けECモール「天猫(Tmall)」で約50万商品の事前予約をスタートした。なお、決済は「独身の日」当日に行われる。

また、前日などに買い物カゴへ商品を入れておいたまま、「独身の日」に決済するという消費者も多い。そのため、11月11日の「独身の日」当日に決済が集中し、スタート当初に取扱高は急拡大する。

2018年で10回目を迎えるアリババグループの「独身の日」は、中国と世界各国から18万のブランドが参加。「天猫国際(Tmall Global)」には75か国・地域から3700種類の商品が販売した。

アリババグループで東南アジアの大手EC会社Lazadaでも買い物キャンペーンを展開。シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムの6か国で初の「11.11ショッピングフェスティバル」を開催していた。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム