アリババグループは9月6日、中国の大手インターネットサービス企業であるネットイース運営の越境ECサイト「網易考拉海購(Kaola.com)」を約20億ドルで買収したと発表した。

『ネットショップ担当者フォーラム』が連携している米国のEC専門誌『Internet Retailer』によると、2018年第4四半期で、中国の越境ECマーケットで「Kaola」のシェアは24.5%、アリババグループの「Tmall Global」は31%。単純換算で、アリババグループの越境ECシェアは約55%となる。

中国越境ECの市場シェア(画像は米国のEC専門誌『Internet Retailer』の転載記事より)

アリババグループは今後も「Kaola」を独立ブランドとして継続運営していく。「Kaola」のCEOには、アリババグループのlvin Liu氏(General Manager of Tmall Import and Export, Alibaba Group)が就任する。

「Kaola.com」は2016年に楽天と協業をスタート。花王やキリン堂、日本空港ビルデングなど多くの日本企業が旗艦店をオープンしている。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム