オートバックスグループのフランチャイズ本部であるオートバックスセブンは10月3日、中古車売買のCtoC(個人間取引)プラットフォーム事業に参入すると発表した。日本アイ・ビー・エムの協力を得てCtoCプラットフォームを構築し、2020年4月の本格稼働をめざす。

独自の査定方法を用いることで、車両の安全性や信頼性を確保する。売り手は中古車の査定をオートバックスに依頼。オートバックスは、特許を取得した車買取査定システム「査定Dr.」を活用し、車の査定を行う。

査定が完了したら、売り手は売却希望額の設定や販売登録を行う。買い手はウェブサイト上で中古車の情報を閲覧し、購入する。

オートバックスグループのフランチャイズ本部であるオートバックスセブンは10月3日、中古車売買のCtoC(個人間取引)プラットフォーム事業に参入する
CtoC中古車売買のイメージ

CtoCプラットフォームにはブロックチェーン技術を活用するという。車両の売買情報や査定情報、取引後の走行状況などを更新し、車両の正確な価値を継続的に確認できるようにするとしている。

オートバックスは中古車の個人間取引のメリットとして、一般的な中古車売買で発生する中間コストの削減が期待できることや、原則として消費税が不要であることをあげている。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム