クックパッドは2月20日、東京地下鉄、メトロコマースと共同で、生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品受け取り場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を、東京メトロ駅構内に設置すると発表した。駅構内への導入は初。

生鮮食品EC「クックパッドマート」は、さまざまな生産者が販売する新鮮な食材をアプリから送料無料で購入できるサービス。購入した商品は、地域の店舗や施設に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」へ配送、ユーザーは好きな時間に立ち寄って購入商品を受け取ることができる。

地下鉄駅構内に「マートステーション」を設置することで、通勤・通学など外出先からの帰宅時に食材の受け取りを可能にする。2020年2月21日から注文を受け付け、2月27日から半蔵門線大手町駅への配送を開始する。

クックパッドは、東京地下鉄、メトロコマースと共同で、生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品受け取り場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を、東京メトロ駅構内に設置する
東京メトロ半蔵門線大手町駅での設置イメージ

今後も「マートステーション」の設置箇所は順次拡大する予定。新たな設置箇所についてはクックパッドマートアプリ内で順次告知する。

地下鉄駅構内での設置を推進することで、通勤先や自宅の最寄り駅での受け取りを実現、駅利用者の買い物における利便性向上を図る。

「クックパッドマート」では、今後も各地域の店舗や施設と併せて、鉄道駅やマンションなども含むあらゆる生活導線上へ「マートステーション」の設置を進めていく。

「クックパッドマート」は精肉店や鮮魚店、パン屋といった地域の販売店や生産者の食材を、オンラインで販売するサービスで、商品を提携店舗の店頭で受け渡すのが特徴。2019年9月には出品者の商品をまとめて集荷する共同集荷サービスを正式に開始している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

石居 岳

石居 岳(いしい・がく)

フリーライター、ジャーナリスト。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム