オフィス家具のネット通販を手がけるオフィスコムは、「One to Oneマーケティング」の実現に向けて、CRMツールを導入した。

EC業界では現在、新規参入企業の増加などによって新規獲得のCPA(顧客獲得単価)が高騰、既存顧客のLTV(顧客生涯価値)を向上させる手法の1つとしてCRMの重要性が高まっている。

オフィスコムは課題だった既存顧客の売上拡大、LTV改善を実現するため、新たにアドブレイブが提供するCRMツール「actionlink(アクションリンク)」を導入した。

「アクションリンク」は食品ECの有名サイト「北国からの贈り物」でECマーケティング、ECコンサルティングなどに従事してきたアドブレイブの中村隆嗣氏がが開発したCRMツール。ECに特化した機能を搭載し、既存ツールよりも導入コストを大幅に抑えているという。

EC事業者が抱えるCRMに関する課題
「アクションリンク」はCRMに関する課題を解決するツールという

手作業で設定していたデータ加工や計算を自動化することで、運用工数を大幅に削減。同時に、「アクションリンク」導入のECサイトではリピーター売上が平均2割増といった成果が出ているという。

運営する公式ECサイト「オフィスコム」はオフィス家具や文房具、オフィス用品など、取り扱いメーカーは100社超、約11万点を販売する。2019年12月期の売上高は98億4600万円。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム