よろしければこちらもご覧ください

小売店舗向け解析サービスを提供するABEJAは3月25日、小売店舗解析サービス「ABEJA Insight for Retail」を導入している店舗のうち、任意で抽出したアパレル・雑貨の企業計43社の468店舗を対象に来店者数などの調査を実施した。

新型コロナウイルスの国内初の感染者が確認された1月第3週(13-19日)から3月第3週(16-22日)までの期間の傾向を分析したところ、3月第1週に前年比60.6%まで減った「アパレル・雑貨」店舗への来店者数の減少ぶりが、その後、和らいでいることがわかった。

来店者数や店舗売上高などの前年比推移 小売店舗向け解析サービスを提供するABEJAが実施した調査
来店者数や店舗売上高などの前年比推移

店舗形態別の傾向によると、「来店者数」はすべての店舗形態で、3月第1週に軒並み大きく落ち込んだ。中でも「路面店」が同55.8%と落ち込みが目立った。

ただ、その後は同月第2週で同58.0%、同月第3週で同61.4%と少しずつ持ち直し基調に入っている。「商業施設内店舗」も3月第1週に前年の59.1%まで落ち込んだが、第2週には67.4%、第3週には68.6%と持ち直しつつある。

店舗形態別の来店者数の前年比率推移 小売店舗向け解析サービスを提供するABEJAが実施した調査
店舗形態別の来店者数の前年比率推移

エリア別の傾向によると、「来店者数」はすべてのエリアで3月第1週が最低。西日本より東日本の落ち込みが大きい。

特に、2月末に知事が緊急事態宣言を出した「北海道」は3月第1週が同49.1%、「関東」は同58.9%に、「中部」も同57.2%まで落ち込んでいる。同月第2週に入ると、どのエリアも来店者数の減り幅は和らいだが、第3週はエリアによって増減が分かれた。

エリア別来店者数の前年比率推移 小売店舗向け解析サービスを提供するABEJAが実施した調査
エリア別来店者数の前年比率推移

全体の傾向では、「来店者数」は1月第3週以降、90%から緩やかに減少していたが、最も落ち込んだのは、全国の公立学校の休校が始まった3月第1週で、同60.6%にとどまった。同月第2週に入ると、同67.7%にやや持ち直し、同月第3週も同様の傾向が続いている。

前回調査では、国内初の感染者が確認された1月16日以降、「来店者数」は前年実績の80%から70%台へと減少。政府による時差出勤・テレワークの推奨やスポーツやイベントの中止・延期などが要請された2月25日以降に入ると、さらに減少し、前年実績の53.9%まで落ち込んでだ。

その後、全国の公立学校の休校が始まった3月2日以降の来店客数の推移は横バイだが、「店舗売上額」(一部店舗)は前年実績の55.1%まで落ち込んでいた。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

石居 岳

石居 岳(いしい・がく)

フリーライター、ジャーナリスト。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム