よろしければこちらもご覧ください

楽天は10月29日、低料金のスマートフォン事業に参入すると発表した。NTTドコモのネットワークを利用した「楽天モバイル」としてサービスを提供。楽天会員や楽天カードの会員に対して低価格を訴求し、3~4年後に1000万台の販売を目指す。

料金プランは2.1定額GBまで高速通信が行えるプランで月額1600円。通話についてはフュージョンが提供する「楽天でんわ」、無料通話アプリ「Viber」の利用などを推奨している。

楽天市場との連携については現状、特に予定していない。「楽天モバイルの会員に対してはポイントアップなどのセールも将来的に考えていきたい」(三木谷浩史社長)としている。

低料金スマホ事業の参入を発表する三木谷社長
担当編集者のコメント: 

楽天がスマートフォン事業に参入することで、出店者にどのような影響が出るかを考えてみたい。当面は具体的な連携などがないため影響は少ないと考えられる。ただ、将来的に、楽天モバイル会員にはよりポイントを付与するなどの施策を行っていきたいとしており、会員数が増えれば出店者に対する影響も出てくる可能性がある。

楽天にとってスマホ事業参入の最も大きなメリットは、スマホユーザーの行動データを取れることではないだろうか。スマホユーザーの動きがわかれば、それに合わせて販促することもでき、今よりも精密な販促策を打つことが可能になる。楽天市場の流通額拡大につながるため、スマホ事業への参入は楽天市場にとってもプラスに働きそうだ。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]