よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ受注管理システム「速販」を提供するサイオは1月21日、受注データをクラウド上に置き、さまざまな環境で利用できるようにした「速販」の最上位版「速販C2」の提供を開始した。「速販C2」の特徴や最上位版を開発した理由、今後の展開などを安田知弘社長に話を聞いた。

サイオの安田知弘社長"
サイオの安田知弘社長

――「速販C2」を新たに開発した理由は。

「速販」は各モールから受注データを一括で取得し、メール送信、帳票印刷、送り状印刷(送り状ソフトで印刷)などの処理を行うことができる、いわゆる受注管理システムです。パソコン1台にインストールして、その1台で処理を行うことを想定してました。家族だけで運営しているような小規模なショップを対象にしてきたのです。

ただ、それでは、従業員を雇う段階になると対応できないので、社内LANで複数のパソコンをつなぎ、それぞれのパソコンでデータを共有できるようにしたのが「速販コネクト」です。

いずれもパソコンにインストールする形ですが、システムのバージョンアップはネットとつないでいれば随時更新される仕組みです。機能追加はネット上でオプションも選択すれば追加できるようになっているため、売り上げが一定規模になるまで便利に使えるシステムです。

最近では、さらに売り上げを伸ばすようなショップは、物流を社外に委託するケースが多く、物流センターでも受注データを取り出したいといった要望が増えてきました。また、海外に仕入れに行った社長さんが、売り上げ状況だけスマホで確認できるようにしたいといった要望も多く寄せられていました。そこで、操作性をほとんど変えず、いままでPCの中にたまるようになっていたデータをクラウド上で保管し、外部環境からもデータを取り出せるようにしたのが「速販C2」です。

――「速販」はデータをユーザーのPCにおくことで、「速販」側の負担を減らすことができるため、安価に提供することができました。今回のサービスを始めることで、すでにクラウド型で提供している他社との差別点がなくなるのではないかという懸念があります。

「速販」を利用しているユーザーには、商品単価が1個数百円のショップも少なくありません。従量制になると、こうしたショップが離れてしまうので、今回は料金プランを2つ用意しました。定額制の場合は月額1万2000円、従量プランの場合は基本月額8000円からです。他の受注管理システムと比べても安価に提供できます

また、いままでは「速販」に使い慣れていたけれど、物流をアウトソーシングしたいので、違うソフトに変えたというケースがありました。使い勝手が同じ上位プランを用意しただけでも、ニーズは大きいと考えています。

――楽天では、今年1月から受注系のAPIなどを無料で利用できるようにしました。こうしたAPIは無料で利用できるのなら、ぜひ使いたいと考える店舗さんは多いと思います。対応は考えていますか。

現時点ではまだできていませんが、近い将来、対応する予定です。「速販C2」だけでなく、すべてのバージョンで対応することで、ユーザーにより便利に使ってもらえるようにする予定です。

――今後の展開は。

「速販」は受注データに絞って展開してきましたが、最近のショップさんの要望などを見てみると、在庫データや商品データなどとあわせて管理してほしいというニーズが高い。今後、こうした機能もオプションとして追加できるようにしていく予定です。また、各種APIを用意して、サードパーティーとの連携も強化することで、より便利なシステムにしていきたいと思っています。


サイオから特別キャンペーンのお知らせ

「速販C2」販売記念としてお得なキャンペーンを行います。

対象:2015年3月31日までに「速販C2」の試用または契約を申し込んだ方
■初期費用:無料
利用料:契約~2015年6月30日の期間 月額8000円(税抜)
 ・受注件数に関わらず定額
 ・5アカウントまで利用可能
 (インストール台数は無制限、同時起動台数は5台まで)
『速販』『速販コネクト』からのデータ移行料金:無料(1システムからの移行に限る)

※ モール・カート対応、外部連係サービス対応無料
※ 電話サポート無料
※ データ保存料5GBまで無料(それ以上はデータ容量に応じて有料)
※ タブレットやスマートフォンからの閲覧無料(同時起動台数には含まれません)
※ 試用期間1か月間無料

お申し込み、詳細は下記のURLから
http://sokuhan.jp/sokuhan/c2intro/

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム