よろしければこちらもご覧ください

大日本印刷(DNP)グループの丸善ジュンク堂書店は2月2日から、紙とデジタルのハイブリッド型総合書店「honto」の通販サイトを通じ、店舗の商品を自宅や指定場所に届けるサービスを開始した。

小売業向けクイックデリバリーのシェアリングプラットフォームを運営するエニキャリが配送面を担う。

「honto」では、生活者が購入したい本を書店の在庫から取り置き、店頭のレジで受け取って購入できる「店舗受け取りサービス」を提供している。「店舗受け取りサービス」と、エニキャリが運営する買い物代行サービスを連動することで、店舗の商品を自宅や指定の場所に届ける「本のお届け便」を実現した。

丸善ジュンク堂書店は「honto」の通販サイトを通じ、店舗の商品を自宅や指定場所に届けるサービスを開始。小売業向けクイックデリバリーのシェアリングプラットフォームを運営するエニキャリと協業で実現

サービス名称は「本のお届け便」。全国チェーンの書店では初の試みで、開始時の対象エリアは、「丸善 丸の内本店」「丸善 日本橋店」「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」の周辺地域で実施する。

通販サイト「honto」で本を選択し、サービス対応店舗を指定して「店舗で受け取る」を申し込むと、店舗での取り置き完了後、生活者にメールを配信。エニキャリの特設サイトで店舗受け取り依頼をした店舗を選択しするなどして、配送依頼を行う。

エニキャリの配送スタッフが店舗で商品を受け取り、指定場所に配達。注文した生活者は配送スタッフへ現金もしくは「PayPay」で決済する仕組み。

丸善ジュンク堂書店は「honto」の通販サイトを通じ、店舗の商品を自宅や指定場所に届けるサービスを開始。小売業向けクイックデリバリーのシェアリングプラットフォームを運営するエニキャリと協業で実現
「本のお届け便」のスキーム

今後、サービス対象店舗を拡大。「honto」会員とのID連携、「honto」ポイント・クーポンなどとの連携など、生活者の利便性向上に向けてサービスを強化する。

エニキャリは、店舗から消費者へのクイックデリバリー(短時間配達)を必要なときだけ利用でき、利用した分だけ料金が発生するオープン型配達インフラ「DeaaS(Delivery as a Service=デリバリー・アズ・ア・サービス)モデル」を提唱しているシェアリングデリバリー「anyCarry(エニキャリ)」を手がけている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint メルカート
[スポンサー]
株式会社アイル 株式会社電通デジタル