よろしければこちらもご覧ください

ecbeingはチャージバック保証サービスなどを提供するアクルと連携し、ECサイト構築パッケージ「ecbeing」導入ユーザーへ、不正検知・認証システム「ASUKA」の標準オプション提供を始めた。

「ASUKA」は、ECサイト注文導線のなかで、クレジットカード不正利用者を効果的に排除し、チャージバック対策ができるツール。検知した不正取引に対し本人確認を行うため、多くの消費者に対して購買時の手間を増やすことなく、クレジットカードの不正利用を防ぐことができる。

ecbeingはチャージバック保証サービスなどを提供するアクルと連携し、ECサイト構築パッケージ「ecbeing」導入ユーザーへ、不正検知・認証システム「ASUKA」の標準オプション提供を始めた
「ASUKA」の仕組み

一般社団法人日本クレジット協会が発表した「クレジットカード不正利用被害の発生状況」によると、国内発行カードにおける番号盗用被害は2020年に223億円に拡大し、年々拡大傾向。不正利用は矢継ぎ早に起こり、急激に増加する傾向があるため、スピーディーにかつシンプルに不正対策を実行できるかがEC運営事業者の課題になっている。

クレジットカード番号盗用の国内・海外別内訳
クレジットカード番号盗用の国内・海外別内訳

「ASUKA」は真正ユーザーの誤検知を抑える仕組みを取り入れていること、簡単に導入できる、従量課金ではなく固定費制であることなどが支持され、「ecbeing」ユーザーなどのEC事業者が採用し始めているという。

EC運営事業者が効率的、効果的に不正対策を行える環境を整えるため、ecbeingによる「ASUKA」の標準オプション提供が実現した。なお、「ecbeing」ユーザーは最短2週間で「ASUKA」を利用することができるようになる。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]