よろしければこちらもご覧ください

アマゾンジャパンは7月14日にAmazonプライム会員向けの生鮮食品宅配サービス「Amazonフレッシュ」をリニューアル、これまで注文から最短約4時間後のリードタイムだった配送を、最短約2時間に短縮した。

「Amazonフレッシュ」専用物流拠点のシステム、オペレーション手順を改善したことで、対象エリアのプライム会員に注文から最短約2時間後の配送を可能にした。配送エリアはこれまでと同様、東京、神奈川、千葉の一部地域。

「Amazonフレッシュ」のリニューアルに伴い、料金体系も見直した。これまでは、プライム会費に加え、月会費500円で「Amazonフレッシュ」会員に登録することで配送料をAmazonが負担するプランと、「Amazonフレッシュ」会員には登録せず、配送料を都度支払う2つのプランを用意していた。

今後は料金体系を1本化。対象エリアのプライム会員であれば、追加会費は一切なしで「Amazonフレッシュ」を利用できるようにした。最低注文金額4000円以上から1万円未満の注文の配送料は390円、1万円以上の注文の配送料はAmazonが負担する。料金はすべて税込。

「Amazonフレッシュ」の料金体系
「Amazonフレッシュ」の料金体系

さらに、東京都大田区、世田谷区、目黒区、狛江市および神奈川県川崎市(幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、横浜市(港北区)の一部エリアでは、1時間単位の配達時間帯の指定も可能にした。1時間単位の配達時間帯を指定する場合、4000円以上~1万円未満の注文の配送料は890円、1万円以上の注文の配送料は500円に設定している(価格は税込)。

Amazonはプライム会員向けサービスとして「Amazonフレッシュ」の他に、食品スーパー ライフとの協業で、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫の一部エリアにおいてライフのストアを、スーパーマーケットバローとの協業により愛知県の一部エリアでバローのストアを展開している。対象エリアのプライム会員顧客は、それぞれのストアをAmazon.co.jp上で利用できる。

「Amazon.co.jp」で提供している生鮮食品の宅配サービス
「Amazon.co.jp」で提供している生鮮食品の宅配サービス

 

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]