YouTubeが2月に公表した「2022年の展望」によると、動画内でのショッピング機能、ライブショッピング機能、最適なアプリ内でのショッピング表示についての開発を計画している。

Googleが2021年11月末のブラックフライデーに合わせて行った、アフリカ系企業オーナー向けプロモーションBlack-owned Friday」のショッパブルビデオ(動画の再生中に商品購入ページへのリンクを表示させることができるプロダクト)を例示。

その動画では、さまざまな商品をタグ付け、それをクリックすると通販サイトに移動できるようにしている。YouTubeは、お気に入りチャンネルの動画内でタグ付けされたアイテムを購入できるショッピング機能の開発を計画していると見られる。

アフリカ系企業オーナー向けプロモーション Black-owned Friday ショッパブルビデオ
Black-owned Friday」のショッパブルビデオ(画像は「Black-owned Friday」の動画から編集部がキャプチャ)

ライブショッピング機能の開発計画も掲げた。YouTubeは2021年11月、グローバルブランドのWalmart、Samsung、Verizonなどの企業、一部クリエイターとライブショッピング企画「Holiday Stream and Shop」を実施した。

この企画では、200万回以上の視聴、140万件のライブチャットメッセージがあり、「高いエンゲージメントを示した」(YouTube)。

化粧品を紹介したメイクアップアーティストは、「ユーザーはそれほど購入しないだろうと考えていたが、売り上げは期待を上回るものだった」とコメント。2022年にライブショッピング機能の機能向上を続けていくという。

「Holiday Stream and Shop」のイメージ動画
この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]