ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは1月16日、2014年のWEBサイト年間集客ランキングを作成、ショッピングカテゴリに属するサイトでは2位に「Amazon.co.jp」、3位に「楽天市場」がランクインした。1位は「Yahoo! JAPAN」。

2位にランクインした「Amazon.co.jp」の2014年サイト訪問者数(すべて推計)は8677万8744。2013年と比べると2.8%増加している。

3位の「楽天市場」は8627万4516。2013年比で1.8%増加した。2013年のサイト訪問者ランキングでは、2位が「楽天市場」、3位が「Amazon.co.jp」だった。

ショッピングカテゴリに属する他のサイトでは、「Yahoo! ショッピング」が6915万9037で13位にランクイン。2013年比では1.0%減少している。19位には「Yahoo! オークション」が入った。

商品価格比較の「価格.com」が17位にランクイン。訪問者数は6525万8923。2013年と比べると2.1%減少した。

ヴァリューズの2014年WEBサイト年間集客ランキング

調査・分析概要は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2014年と2013年の各1年間における流入上位サイト(1000サイト)について、サイト訪問者数を集計した。サイト訪問者数はPCからのアクセスを集計、ランキング表内の「カテゴリ」はヴァリューズが独自に定義した。

サイト訪問者数はすべて推計で、ユニークユーザーの人数を表記している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム