よろしければこちらもご覧ください

楽天は4月19日、物流業務を行う100%子会社の楽天物流を7月1日付で吸収合併すると発表した。楽天が手掛ける楽天市場のサービスと一体化した効率的な物流サービスの運営、提供することが目的。出店企業、ユーザーの多様な物流サービスのニーズに対応する体制の構築を目指す。

4月19日に開いた取締役会で決議した。楽天を存続会社とする吸収合併方式で、楽天物流は解散。楽天の物流事業として人員や施設などの資産を吸収する。

楽天物流の2013年12月期業績は、売上高が64億1900万円、営業損失は38億6800万円、経常損失は39億4900万円、当期純損失は65億9800万円。2013年12月期時点で53億7500万円の債務超過に陥っている。楽天は楽天物流に対する債権を放棄し、債務超過を解消する予定。その後、解散する。

楽天物流は、2010年設立。国内では千葉県市川市に3拠点、同柏市と兵庫県にそれぞれ1拠点ずつ物流センターを構えている。楽天ブックス、ケンコーコム、楽天24といった楽天グループのEC物流を請け負うと同時に、楽天市場に出店する店舗に対し、商品の入出荷から梱包、配送などのフルフィルメントサービスを提供している。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]