GMOインターネットグループの決済代行企業、GMOペイメントゲートウェイ。決済という側面から見た今後のEC市場、EC企業に求められる成長要件などを、村松竜氏が語った。

物販以外のサービス領域のEC化が進む1年に

GMOペイメントの取締役副社長 村松竜氏
取締役副社長
村松竜氏

――2015年のEC市場は前年(2014年)と比べてどのような環境になると考えていますか?

物販のBtoCのECは、大手流通やメーカーの本格参入、物流の改革、スマートフォンの普及などの外部環境の好影響もあり、EC規模の伸長は継続すると考えています

また、一昨年頃よりOtoOや物販以外のサービス領域のEC化が進んでおり、この動きは加速していくとみています。

一方、2015年は企業間商取引(BtoB)のEC化が本格的に始まり、昨年から活性化しているCtoCがさらに普及拡大していくと推測され、EC市場の領域そのものが広がっていくと考えています。

――今後、成長を持続していくためにはどんなことが必要だと考えますか?

ネットショップを持っていない対面店舗やEC化されていないサービス分野はまだ多く、日本のBtoCにおけるEC化を進めることが1つ目にあります。

2つ目に、スマートフォンの普及に伴い、スマートフォンを前提としたECのサイト・UX・流れ、などを構築する必要があると考えています

3つ目に、BtoC以外のBtoB・CtoCのEC化促進もEC市場の成長持続には不可欠だと考えます。

――2015年、貴社ではどのようなことに取り組みますか?

当社は、EC市場の発展を導くECグロースカンパニーとして、「決済サービス」という社会インフラを提供するとともに、常に技術革新が進展するECにおいて、イノベーションを実現し、時代の先端を見据えたサービスを産み出すことをめざしています。

2015年のEC市場拡大は次の3つが起因すると考えています。

  1. 物販ECの強化
  2. O2Oや物販以外のサービス領域のEC促進
  3. BtoB・CtoCのEC化牽引

当社は、EC市場拡大に寄与すべく、決済を中核事業として、ネット広告サービス・後払い型の決済手段の提供などお客さまの問題を解決するサービスの提供と、新たなEC領域の開拓を進めていきたいと思います

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム