ネットショップ受注管理・在庫管理ソフト「通販する蔵」を提供するソフテル。1000店舗以上が利用する「通販する蔵」を通じたサポートなどを含め、2015年のEC市場などを代表取締役の北川輝信氏に聞いた。

テレビや雑誌などのメディア、実店舗もツールとして利用していく時代に

ソフテルの北川輝信氏
代表取締役
北川輝信氏

――2015年のEC市場は前年(2014年)と比べてどのような環境になると考えていますか?

EC大手の寡占化がさらに進み、大手企業が本格的にECへ参入してくると思います

その際に、実店舗との連携も行うオムニチャネルを武器にしてくるでしょう。EC専業だった企業も実店舗も出店を加速し、ますます販売チャネルが多様化すると考えられます

モールに関しては今年も楽天・Amazonの2強は揺るがないでと思われますが、「セブンモール」や「ポンパレ」が伸びていきそうです。

――今後、成長を持続していくためにはどんなことが必要だと考えますか?

販売チャンネルの多様化が必須となります。

そのためにネットだけでなくテレビや雑誌などのメディアや実店舗もツールとして利用していくことになるでしょう。

――2015年、貴社ではどのようなことに取り組みますか?

オムニチャネルツールの充実を行っていきます。

もともとECモールとの連動の強みがあるので、さらに実店舗との連動を可能とするPOSレジシステムのリリースや、タブレットでの商品提案ツールの提供を本格化します(既に導入している店舗が増えてきています)。

この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム