米Adobe Systemsの調査によると、サイバーマンデー(11月第4木曜日明けの月曜日、今年は11月28日)のネット通販売上高は前年比10.2%増の33億9000万ドルとなり、過去最高を更新したという。

ネット通販売上で33億4000万ドルに達したとみられるブラックフライデー(11月第4木曜日の翌日金曜日、2016年は11月25日)を上回る見通し。

米Adobe Systemsによると、サイバーマンデーにECサイトを訪問した人の53%はモバイル経由(スマートフォンが44%、タブレットが10%)。モバイル経由の売上高は全体の35%(スマートフォンは25%、タブレットは10%)となったという。

米Adobe Systemsの調査結果は、ECサイトへのアクセス230億件からデータを収集。米国の小売業者上位100社のオンライン決済のうち80%を測定している。また、米小売業者上位500社のオンラインサイトで消費される金額の75%は「Adobe Marketing Cloud」を経由しているという。

米IBMも11月29日にサイバーマンデーの調査結果を発表、小売業者のネット通販売上は前年比16.7%増加したとしている。

サイバーマンデーのEC売上高は33億超、1日間の過去最高額を更新 米Adobe Systems、米IBM調査

米AdobeのホリデーシーズンのEC売上予測
サイバーマンデーは33億6000万ドルを予測していた(画像は編集部がCMO.comからキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]