現在地

セブン&アイ・ホールディングスの2017年3-8月期(中間期)連結業績におけるEC売上高は、前年同期比10.6%増の526億7300万円だった。セブンネットショッピングの売上高が約1.8倍に増えたほか、イトーヨーカドーやロフト、そごう・西武の通販が伸びた。

セブン&アイ・ホールディングスの2017年3-8月期(中間期)連結業績におけるEC売上高

セブン&アイの中間期EC売上(画像は編集部がIR資料からキャプチャ)

2018年2月期のEC売上高は前期比43.4%増の1400億円を計画している。

EC売上高はグループを横断したECサイト「omni7(オムニセブン)」に参加している企業やブランドの合計金額。

セブン&アイ・ホールディングスの2018年2月期連結業績におけるEC売上高予想

2018年2月期(通期)のEC売上高予想(画像は編集部がキャプチャし、一部を加工)

中間期における企業別のEC売上高は、イトーヨーカドーの「ネットスーパー事業(配達型)」が前年同期比4.2%減の218億6300万円、食品宅配の「セブンミール」は同1.4%減の266億7800万円、「セブンネットショッピング」は同83.9%増の105億8500万円、「赤ちゃん本舗」が同6.2%減の29億2500万円、イトーヨカードの通販は同78.4%増の19億400万円、そごう・西武は同31.1%増の15億9100万円、ロフトは同120.3%増の4億3400万円だった。

ニッセンホールディングス傘下の「ニッセン」の売上高は含まれていない。

「オムニ7」会員500万人超

「オムニ7」がオープンしたのは2015年11月。登録会員数は2017年5月に500万人を超えた。約1万9000か所のコンビニ店舗網を生かしグループのオムニチャネル化を進めている。

開始当初は2018年にオムニチャネル売上高1兆円を掲げていたが、2016年10月に事業方針を転換。ECを中心に不特定多数の顧客にアプローチする従来の戦略から、「顧客ごとにグループ各社の利用状況をつなげ、全チャネルを通じてサービスの質を追求していくこと」へと変更した。

国内のグループ店舗に来店する1日あたり2200万人(2016年10月時点)にのぼる顧客の「顧客生涯価値(Life Time Value)」向上をめざしている。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム