現在地

化粧品や健康食品の通販を手掛けている北の達人コーポレーションはこのほど、9月6日に北海道内で発生した「北海道胆振東部地震」の被災地支援のために、木下勝寿社長が合計1億円を寄付すると発表した。木下社長の個人資産を寄付する。

寄付の対象地域は、被災地各地の被害状況や支援状況に応じて決めるとしている。

北の達人コーポレーションはこのほど、9月6日に北海道内で発生した「北海道胆振東部地震」の被災地支援のために、木下勝寿社長が合計1億円を寄付すると発表
私財から1億円を拠出した木下勝寿社長(画像は編集部が北の達人コーポレーションのHPからキャプチャ)

北の達人コーポレーションの本社は札幌市で、今回の地震で役員・従業員の人的被害や、建物や設備への被害はなかったと公表している。

木下勝寿社長は寄付を表明した9月7日のリリースで、次のようにコメントした。

当社所在地である札幌も被災し、社員の多くの自宅はまだ電気が通っておらず、交通機関は全面停止、市内全域の大多数の信号も止まり、宿泊難民が札幌駅にあふれ、コンビニの周りに長蛇の列ができている状況でございます。

しかし、一部では電気が復旧し始めており、各関係者の懸命の努力によって、復旧の見込みが立っている状況でございます。

一方、人口の少ない地域においては復旧の見込みが立っておらず、被災地の復興には長い期間を要するものと思われます。

当社は北海道の企業として、全北海道の早期復興を願っているため、そういった地域に対して優先的に支援していきたいと考えております。

がんばろう! 北海道!!

北の達人コーポレーションとは

北の達人コーポレーションは公式通販サイト「北の快適工房」などを展開。オリゴ糖やハーブティー、スキンケア化粧品、洗顔料といった美容健康商材を販売している。

2018年2月期における売上高は前期比96.2%増の52億9200万円、当期純利益は同165.9%増の9億4800万円だった。木下社長は北の達人コーポレーションの筆頭株主。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム