米Adobe(アドビ)が実施した調査によると、米国における11月1日から26日までのオンラインショッピング売上高は、前年同期比19.9%増の585億ドル(約6兆6000億円)だった。

米国では11月に「ブラックフライデー」(感謝祭翌日の金曜日)や「サイバーマンデー」(感謝祭明けの月曜日)といった小売業界の大型セールがある。

アドビによると、2018年の「感謝祭」(11月第4木曜日)のオンライン売上高は同28%増の37億ドル。「ブラックフライデー」は同23.6%増のと62億ドル、サイバーマンデーの売上高は79億ドルに達したとしている。

オンラインで購入した商品を実店舗で受け取る「BOPIS (Buy Online Pick-up In-Store)」の売上高は、11月1日から26日までで前年を50%上回り、過去最高を記録したという。

「サイバーマンデー」における売り上げの上位は「Nintendo Switch」「Little Live Pets」「Red Dead Redemption 2」「LG製テレビ」「ドローン(DJI、Air Hogs、Sky Viper)」「Dell製ラップトップ」「FurReal Pets」「Amazon Echoデバイス」だったという。

同日のスマートフォン経由の売上高は、前年比48.1%増となる21億ドルで過去最高に達し、スマートフォンのトラフィック比率も16%増加した。

アドビでマーケティング兼カスタマーインサイトの責任者を務めるジョン コープランド氏は次のようにコメントしている。

Adobe Analyticsによる調査によると、サイバーマンデーの売上高が79億ドルに達し、アメリカ史上最大のショッピングデーとなっています。また、スマートフォンからの売上高も過去最高の20億ドルを突破し、BOPISのトレンドにも急成長が見られます。

調査方法

アドビは人工知能(AI)および機械学習フレームワークである「Adobe Sensei」を活用し、自社サービスで所有するビッグデータを分析してオンライン売上高を試算した。消費者調査の結果も参考にしている。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム