IT分野の市場調査などを手がけるミック経済研究所が実施した、ECにおけるインターネット決済代行サービスの市場規模調査によると、2018年度の市場規模は前年度比18.8%増の2884億円だった。

2019年度以降も年率10%を超える成長率が続き、2023年度の市場規模は6120億円になると予測している。

2019年度以降の市場規模の予測値は3449億円(同19.6%増)、4095億円(同18.7%増)、4760億円(同16.2%増)、5428億円(同14.0%増)、6120億円(同12.7%増)。2019年度から2023年度までの平均成長率は16.2%。

ミック経済研究所が実施した、ECにおけるインターネット決済代行サービスの市場規模調査によると、2018年度の市場規模は前年度比18.8%増の2884億円
ネット決済代行サービス市場規模推移

ミック経済研究所は4月16日に「ECにおけるネット決済代行サービス市場の現状と展望 2019年度版」の一部を公表した。国内の決済代行サービス事業者を対象に、各社の売上高の実績や予測値を集計、分析して市場規模を算出している。

同社はECにおける決済代行サービス市場の今後の動向について、次のように予測している。

PSP(決済代行)市場は、EC事業者からの価格圧力とセキュリティ投資の増加で益々競争が激しくなるものの、今後も国内のEC市場は順調に成長していくと予想されます。EC化率も引き続き上昇が見込まれ、ネット決済代行サービス市場も競合との差別化に成功した企業が勝ち残るような厳しい市場環境に変わりつつ、このまま高成長が続くと予測されます。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム