マーケットプレイス「eBay」を通じた越境EC支援を手がけるイーベイ・ジャパンが越境EC担当者などに向けて実施した「越境ECに関する実態調査」によると、回答者の6割が「基礎会話レベル」の英語力で海外向けECを担当していることがわかった。

「越境ECに関する実態調査」は、「現場の実務」「越境ECを始めたきっかけ」「課題」の3トピックで質問。EC事業を3年以上展開している日本企業111社の担当者111人から回答を得た。

現場の実務について

越境ECビジネスを担当するスタッフの英語レベルについて質問したところ、66.67%が「基礎会話レベル」と回答。「日常会話レベル」が19.82%、「ビジネス会話レベル」が11.71%と続いた。

イーベイ・ジャパンが越境EC担当者などに向けて実施した「越境ECに関する実態調査」 越境EC担当者の英語レベルについて
越境EC担当者の英語レベルについて

越境ECビジネスに手応えを感じたのは「1年目」が49.55%。2年目が23.42%だった。

イーベイ・ジャパンが越境EC担当者などに向けて実施した「越境ECに関する実態調査」 越境ECビジネスに手応えを感じた時期について
越境ECビジネスに手応えを感じた時期について

事業者の半数以上が1か国だけでなく、複数国に向けて商品を販売しているという。

イーベイ・ジャパンが越境EC担当者などに向けて実施した「越境ECに関する実態調査」 主な販売相手国
主な販売相手国

越境ECを始めたきっかけ

越境ECサイトへ出店するようになったきっかけは、「日本よりも高い価格で販売できる」という回答が63.06%。「日本では売れない商品が、海外では売れる」50.45%、「購入者が日本よりも多い」が36.04%で続いた。

イーベイ・ジャパンが越境EC担当者などに向けて実施した「越境ECに関する実態調査」 越境ECサイトへ出店するようになったきっかけ
越境ECサイトへ出店するようになったきっかけ

扱っている販売商品のカテゴリーは「おもちゃ・ホビー・ゲーム」がトップで23.42%。「ファッション」が19.82%、「カメラ関連」が15.32%で続いた。「音楽・レコードなど」は7.21%。

イーベイ・ジャパンが越境EC担当者などに向けて実施した「越境ECに関する実態調査」 扱っている販売商品のカテゴリー
扱っている販売商品のカテゴリー

課題

スタート時の課題については、「配送にかかわるリスク」が60.36%で断トツトップ。次いで「顧客対応」が45.05%。「制度や規制に関する情報不足」が39.64%、「現地語への対応」が31.53%で続いた。

現在の課題について質問すると、「プロモーション」が36.04%でトップ。「必要な人員の不足」が33.33%。スタート時と運用時の課題は大きく異なるのがわかる。

イーベイ・ジャパンが越境EC担当者などに向けて実施した「越境ECに関する実態調査」 スタート時と現在の課題
スタート時と現在の課題について

調査概要

  • 調査期間:2019年3月13日(水)~3月26日(火)
  • 調査対象:111社111名(イーベイ・ジャパンの越境EC支援サービス利用の事業者の内、越境ECを始めて3年目以上の事業者)
  • 調査方法:インターネット調査
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム