子供服やベビー服などのブランドを展開しているナルミヤ・インターナショナルの2019年2月期決算におけるEC売上高は、前期比25.3%増の42億8700万円だった。全売上高に占める割合(EC化率)は14.4%。EC化率は2018年2月期と比べて1.7ポイント上昇した。

ナルミヤ・インターナショナルの2019年2月期決算におけるEC売上高
ナルミヤ・インターナショナルのチャネル別売上高(画像は決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

2018年8月に自社ECサイトをリニューアルしたことが新規顧客の獲得につながった。自社ECサイトの購入者数(複数回購買を含む)は前期比49.1%増の22万5841人。EC売上高に占める自社ECサイトの比率は、前期比3ポイント増の43%に拡大した。

ナルミヤ・インターナショナルの2019年2月期決算におけるEC化率、購入者数、購買単価など
ナルミヤ・インターナショナルの各種数値(画像は決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

EC売上高は直近5年間で2倍以上に増えた。2015年2月期から2019年2月期までのEC売上高は17億円、19億円、24億円、34億円、43億円と拡大を続けている。

ナルミヤ・インターナショナルの2019年2月期決算におけるEC売上高推移
ナルミヤ・インターナショナルのEC売上推移(画像は決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

2018年8月には中国の大手ECモール「Tmall」に出店し、子供服ブランド「petit main」の販売を開始した。11月11日(独身の日)には1日で約3000万円を売り上げたという。

今期はEC売上高63億円を計画

2020年2月期のEC売上高の計画は、前期比約46%増の63億円に設定した。EC化率は約19%。

ナルミヤ・インターナショナルのEC売上高計画
ナルミヤ・インターナショナルのEC売上計画(画像は決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

利益率がECモールよりも高く、顧客データの獲得が可能な自社ECサイトを一層強化する。店舗とECの顧客IDを統合し、売り場の最適化を図る。

また、今後は店舗とECの物流の統合を検討。2021年度を目処に自社アプリの導入も検討する。

2022年2月期までに、EC事業における自社EC比率60%をめざす。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム