ライザップグループ子会社でアパレルECを手掛ける夢展望の2019年3月期における売上高は、前期比36.3%増の69億1700万円だった。当期中にナラカミーチェジャパンを買収したことなどから、アパレル事業の売上高が約1.5倍に増加。ジュエリー事業やトイ事業も約22~40%の増収となった。

ECをメインとする「アパレル事業」の売上高は同46.7%増の43億9900万円。商品企画の充実化やSPA戦略の強化、店舗別の販売戦略の強化などに取り組んだほか、2018年10月31日に住商ブランドマネジメント(現ナラカミーチェ ジャパン)を連結子会社化したことで売り上げが大きく伸びた。セグメント利益は同21.4%増の2億6200万円。

他の事業の売上高は、ブライダルジュエリーの店舗を11店舗展開する「ジュエリー事業」が同22.8%増の10億5500万円、玩具メーカーとの取引が中心の「トイ事業」は同40.9%増の13億7500万円、「コンサルティング事業」は63.8%減の8700万円。

ライザップグループ子会社でアパレルECを手掛ける夢展望の2019年3月期における業績別損益計算書
セグメント別の連結損益計算書(画像は夢展望の決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

当期は物流倉庫移転時に発生した移転関連費用1800万円を一括計上したほか、固定資産3900万円の減損損失を計上した。営業損益は1億7900万円の赤字(前期は5億8300万円の黒字)、当期純損失は2億6800万円だった。

2020年3月期の売上計画は91億円

2020年3月期はビジュアル表現の見直しや集客強化などに取り組む。サイトをリニューアルし、シンプルな操作感や商品やビジュアルを生かしたデザインに変更。集客ではディスプレイ広告などデジタルマーケティングを強化するほか、モールへの流入を促進するため、アプリや検索広告、アフィリエト、SEO施策、ランキング施策などの強化にも取り組む。ライブコマースにも継続的に取り組み、ECや実店舗への送客を図る。

ライザップグループ子会社でアパレルECを手掛ける夢展望が2020年3月期に取り組むこと
2020年3月期に取り組むこと(画像は夢展望の決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

アパレルの生産ラインをコントロールし、工場への追加発注からエンドユーザー向けに発送するまでのリードタイムを、前期の69日から当期は22日に短縮する。

ライザップグループ子会社でアパレルECを手掛ける夢展望が2020年3月期に取り組むこと
2020年3月期に取り組むこと(画像は夢展望の決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

2020年3月期の業績予想は、売上高が91億8400万円(前期比32.8%増)、営業利益は1億9000万円、当期純利益は8300万円。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム