アマゾンジャパンは6月3日、スマホに表示させたバーコードを使ってAmazonギフト券のチャージができるサービス「Amazon Cash」の提供を開始した。

「Amazon Cash」のバーコードをコンビニエンスストアやドラッグストアなどの店頭レジで提示し、現金を支払うと、Amazonギフト券の残高に追加される。サービス対象店舗は1万5000店以上。1回あたり500円から4万9000円まで、1円単位でチャージできる。

アマゾンジャパンは、スマホに表示させたバーコードを使ってAmazonギフト券のチャージができるサービス「Amazon Cash」の提供を開始
スマホに表示させたバーコードを使ってAmazonギフト券のチャージができるサービス「Amazon Cash」(画像は「Amazon.co.jp」から編集部がキャプチャ)

Amazon Cashの使い方

Amazon.co.jpのWebサイトやショッピングアプリの検索ボックスで「アマゾンキャッシュ」または「Amazon Cash」と検索し、「バーコードを表示」を選択。表示されたバーコードを対象店舗の店頭レジに提示し、現金を支払う。

ウェブサイトやアプリのメニュー画面の「プログラムと特典」から「Amazonギフト券」へと進んでバーコードを表示することも可能。

アマゾンジャパンのコンシューマーペイメント事業本部 本部長のマイク・サンダーズ氏は、以下のようにコメントしている。

この度、お客さまにAmazon Cashをご提供できることを嬉しく思います。Amazon Cashをご利用いただくことで、クレジットカードをお持ちでないお客さま、またオンラインショッピングでクレジットカードのご利用を控えたいと考えているお客さまにも、現金払いでより簡単、便利にAmazonでのお買いものをお楽しみいただけるようになると考えています。Amazonでは引き続き

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム