売上高513億円(2019年5月期)の日用品ECサイト「LOHACO(ロハコ)」を共同運営しているヤフーと子会社アスクルの関係悪化が鮮明となっている。BtoC向けECの「LOHACO」の譲渡を要求するヤフーに対し、アスクルがそれを拒否して業務・資本提携関係の解消を申し入れ。ヤフーは業務・資本提携関係を継続した上で、アスクル・岩田彰一郎代表取締役社長の退任を要求した。

ヤフーは45.13%のアスクル株を保有する筆頭株主。第2位株主のプラスはヤフーの考えに賛同。アスクル8月2日に予定している株主総会の「取締役選任議案」で、岩田社長の再任に反対の議決権行使を行う予定であることを表明した。

業務・資本提携は2012年、「LOHACO」の今

ヤフーとアスクルは2012年4月、業務・資本提携を締結。日用品などのECサイト「LOHACO(ロハコ)」の共同運営で協力関係を築いてきた。

BtoB通販がメイン事業だったアスクルのBtoC事業は急拡大し、2019年5月期連結決算における「BtoC事業」の売上高は、前期比28.7%増の652億円。日用品ECサイト「LOHACO」の売上高は同23.1%増の513億円に達した。

「LOHACO」の売上高と「LOHACOマーケットプレイス」経由の取扱高、アスクル子会社「チャーム」の売上高を合算したした「BtoC流通総額」は同29%増の668億円。

「LOHACO」は規模拡大、物流インフラの整備などのため先行投資。サービススタート以来、営業赤字が続いており、2019年5月期は92億円の営業赤字。チャームを含むBtoC事業の営業赤字は92億円(前期は89億円の赤字)だった。

アスクルの業績について
アスクルの業績について(画像はアスクルの2019年5月期の決算説明資料から編集部がキャプチャ)

「LOHACO」事業を巡るこれまでの経緯

「Yahoo!ショッピング」を中心にコマース事業の強化を進めるヤフーは、2019年1月にLOHACO事業をヤフーへ譲渡することへの可否、および譲渡可能な場合の各種条件について検討を依頼。アスクルは検討を重ね、新たな戦略に基づき両社による協力体制の下、事業を継続することをヤフーへ伝えた。

「現在のEコマース市場の環境下における岩田社長の事業計画の立案力および事業計画の遂行力に疑問を抱くに至った」(ヤフー)とし、ヤフーが岩田社長の退陣を要求したのは6月27日。

アスクルの業績について
アスクルが7月17日に発表した「ヤフー株式会社からの社長退陣要求に関する当社意見と提携解消協議申入れのお知らせ」(画像はアスクルの発表資料から編集部がキャプチャ)

アスクルでは、「岩田社長の退陣を要求してきた理由について、業績の低迷を指摘するのみでLOHACO事業の切り離しについては特段言及していない」と説明。岩田社長が第2位株主であるプラスの代表取締役社長と面談した際、「同氏より、ヤフーからプラスに対し、LOHACO事業を当社から切り離すためには岩田社長に退任いただく必要があり、LOHACO事業の切り離しの時期は年内という話があった」(アスクル)という説明を受けたという。

アスクルは7月12日、提携の解消について協議開始をヤフーへ申し入れ。ヤフーは7月18日、プレスリリースで「アスクル社が新たな経営陣のもとで新たな経営戦略を推し進めることが、アスクル社の中長期的な企業価値の向上および株主共同の利益の最大化のために最善と考えている」と説明。引き続き業務・資本提携関係は継続していきたい旨も回答したとしている。

アスクルの業績について
ヤフーが7月17日に発表した「アスクル株式会社からの『業務・資本提携に係る協議の申入れ』に関するお知らせ」(画像はヤフーの発表資料から編集部がキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム