ファーストリテイリングが10月10日に発表した2019年2月期連結決算によると、「国内ユニクロ事業」のEC売上高は前期比32.0%増の832億円だった。ECの売上構成比は前期の7.3%から9.5%へ上昇した。

「国内ユニクロ事業」のECは高い成長率を維持している。2018年8月期のEC売上高は同29.4%増の630億円で、増収率は2期連続で約30%だった。

ファーストリテイリングが10月10日に発表した2019年2月期連結決算によると、「国内ユニクロ事業」のEC売上高は前期比32.0%増の832億円
「国内ユニクロ事業」のEC売上高と構成比の推移(表は編集部が決算資料を基に作成)

実店舗を含む同事業の売上収益は同0.9%増の8729億円、営業利益は同13.9%減の1024億円。売上総利益率は同1.7ポイント低下した。上期は在庫の増加やECの販売拡大の影響で物流費比率が上昇したが、下期はICタグを活用した業務効率化により、人件費比率や委託費比率が低下したという。

2019年8月期におけるファーストリテイリングのグローバルでのEC売上高は2583億円、売上構成比は11.6%。「国内ユニクロ事業」のEC売上高が拡大したことに加え、「海外ユニクロ事業」のEC売上高も前期比約30%増と好調だった。

ファーストリテイリングが10月10日に発表した2019年2月期連結決算によると、「国内ユニクロ事業」のEC売上高は前期比32.0%増の832億円
グループEC事業売上について(画像は編集部が決算説明会資料からキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム