よろしければこちらもご覧ください

ディノス・セシールは、通販ブランド「セシール」のECサイトに、商品やサービスの価格を需給バランスによって変動させるダイナミックプライシングを導入する。

ブレインパッドがシステム開発を担当、ダイナミックプライシングの実用化に向けた取り組みを推進する。

アパレル業界では、「衣服ロス」と呼ばれる衣料品の余剰在庫・大量廃棄が深刻な問題となっている。ダイナミックプライシングの実用化に向けたプロジェクトを通じ、「持続可能な未来をつくる活動」を推進していく。

「セシール」はこれまで、担当者の経験やノウハウに基づき価格変更(値引き)のタイミングや値引き率などを設定してきた。場合によっては適切に需要を捉えきれずに在庫が残るという課題があり、その解決に向けてダイナミックプライシングの手法に着目した。

ブレインパッドはまず、ダイナミックプライシングの実現に向けた必要なデータの準備から着手した。「セシール」が整備していなかったデータは、ブレインパッド開発のDMP「Rtoaster(アールトースター)」、「Google Analytics」を用いて過去の購買履歴データなどを調査した。その結果をもとにデータを補完・推計し、独自のモデル構築に生かした。

商品ページへの訪問者数、商品ページ訪問者の購買確率を予測するモデルを構築。この2つのモデルと在庫数を用いて最適な販売価格を求める数理最適化アルゴリズムの開発に成功し、一定の効果創出が見込めることを確認したという。

ディノス・セシールは、通販ブランド「セシール」のECサイトに、商品やサービスの価格を需給バランスによって変動させるダイナミックプライシングを導入する
ディノス・セシールが進める実現アプローチ

ディノス・セシールとブレインパッドは今後、この2つのモデルと数理最適化アルゴリズムをもとに実地検証を行い、モデルの改善・多機能化、システム化を推進。実用化に向けた取り組みを段階的に進めていく。

自動的にダイナミックプライシングを実施できるツール類は存在しているが、ホテルの宿泊費や航空券などのチケット料金に特化したものが多いのが実情。アパレル業界では、商品の独自性が強くトレンドも加味しなければならないため、SKU単位での需要予測が必要になるなど、既存のツールでは対応が難しかった。

「セシール」は、自社サイトおよびアパレル業界特有の制約条件を加味したダイナミックプライシングの実現には独自モデルの構築が最適と判断。ブレインパッドとの開発に着手した。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム