よろしければこちらもご覧ください
ネッ担まとめ

楽天は引き続き品質面の向上を進めていくようです。コロナの影響でECに慣れたユーザーが増えてきましたので、お得感よりも品質面に目が向いてくるのは当然の流れですね。

楽天は引き続き品質の向上に取り組むようです

楽天・三木谷社長が語った「モバイルとのシナジー」「コロナ禍の楽天市場」「物流への投資」【2020年夏の講演要旨】 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/7965

楽天が2020年下期に取り組むこと――「送料無料ライン」「RMS新機能 One Platform」「流通状況」【戦略まとめ】 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/7969

まとめると、

  • 7月に楽天モバイル契約者の47%が楽天市場で買い物をした。「楽天モバイルと楽天ポイント、『楽天市場』のシナジーは極めて高いと思っている」(三木谷社長)
  • 4月~6月期における物販のショッピングEコマース流通総額は前年同期比48.1%増、送料込みライン導入店舗は、未導入店舗と比べて成長率は約20ポイント高かった
  • 店舗がより効率的に運営を行えるよう、店舗運営システム「RMS」に新機能「One Platform」を2020年秋頃に追加予定

物流拠点とラストワンマイルを拡大することで、独自の配送ネットワークを構築する「ワンデリバリー」構想では2000億円超の投資を計画する楽天。

楽天のEC需要拡大に向けた戦略
楽天のEC需要拡大に向けた戦略

「ワンデリバリー」構想の中核を担う物流代行サービス「楽天スーパーロジスティクス」について、三木谷社長は「大赤字事業」と説明。続けて、「物流が増えればトントンまで持っていけると思っていますが、市場出店者のビジネスをサポートするための事業」と改めて趣旨を強調した。
https://netshop.impress.co.jp/node/7965

図にあるように楽天の戦略はわかりやすいですね。コロナの影響でEC利用者が増えたのは一過性のものではないので、新規ユーザーに安心して買ってもらえるように品質面の向上に取り組む。出店者に対しても手厚くして着実に足場を固める。当然、配送も増えるので自社物流をどんどん拡大する─。

Amazonはレビューの信頼性が低くなっていることと悪質な業者が絶えないので、品質を向上させていけば楽天を選んでもらえるという自信もあるんでしょうね。派手な発表はなかったものの、確実に成長していくことがわかる発表内容でした。

自分たちの色を明確にして、来てほしいお客さんに来てもらう

オウンドメディア、Twitter…情報発信の極意をベイジ・枌谷さんに聞いてみた | ナイルのSEO相談室
https://www.seohacks.net/blog/column/6727/

まとめると、

  • 価値観が合わない顧客を説得して動かすのはほぼ無理。価値観を共有できる顧客に出会うために、マーケティングに力を入れるべき
  • 自分たちならではのメッセージを持つことが大事。他社と横並びにならないメッセージを開発すれば、サービスの優越や価格だけで選ばれることもなくなる
  • 業界の顔色をうかがって好かれようとするより、顧客やユーザーに対してフェアであるべき

コラムだったり、取材記事だったり、SNSでの発信だったり……その隅々にメッセージが息づいていると、勝手にそれがブランドになって、同じサービスを提供しても違う目で見られるようになるのかなと思います。
─ベイジ 代表取締役 枌谷力(そぎたに つとむ)氏

情報発信は見せ方よりも見られ方を意識するということですね。見せ方を考えることがブランディングというイメージがありますが、相手にそう見てもらえなければ意味がありません。自分たちの言葉で発信し続けることで、見られ方がそろってきてブランドになっていきます。ネットショップも価格や利便性だけではなく、自分たちの考えでも選んでもらえるようにしたいところです。

「顔がある商品」を開発したブランディング事例

創業47年目の初挑戦。老舗ステンレス加工メーカーが、自社ブランド商品販売の舞台に「BASE」を選んだワケ。 | BASE U
https://baseu.jp/16135

まとめると、

  • 熊本県でステンレス部品製造を手がける丸山ステンレス工業の丸山社長は、5年後10年後を考え、自社ブランドという「顔がある商品」を開発したいと考えた
  • インテリアやステーショナリーなどいろいろと考えたが、男ばかりの会社のため、アウトドア商品なら社内の目線が合うと判断し、デザイン性の高いコンパクトな焚き火台を開発した
  • 家族や友人に「こんなの作っているんだ」と話すことができるようになり、社員のモチベーションや仕事へのプライドにつなげることができた

(クラウドファンディングは)たしかに未知数で、不安もありましたが、いきなり一般販売を開始するよりクラウドファンディングで実績を作った方がやりやすいかな、と。

どれくらい注文が入るのか、注文があったらあったで滞りなく届けられるのか、という不安を抱えながらのチャレンジでしたね。

通販ありきではなくて「顔のある商品」を作ることが目的で、それをどう売っていくのかを考えた結果、クラウドファンディングや通販を開始するに至ったということですね。販売のことだけを考えると売りやすそうな商品を開発したくなりますが、そこも自社の社風を考えてアウトドア商品を開発しています。ECは競合がどんどん増えているので、自社の強みをしっかり出さないと売れない時代です。

EC全般

EC売上向上に必須な写真・動画撮影 トレンドの踏まえかた・クオリティの上げかたを伝授 | ECzine
https://eczine.jp/article/detail/8204

「生活感のあるリアル写真」がトレンド。これは人気ショップを見てもわかりますよね。

「Shopify」ストアと、フルフィルメントサービス「Fulfillment by ZOZO」を連携する【EC構築支援サービス】をコロニーインタラクティブが提供開始(2020年8月~) | prtimes(コロニーインタラクティブ)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000024492.html

楽天と連携できるShopifyがZOZOとも連携可能になりました。この先も連携できるモールが増えそうですね。

オンライン“ライブ”、2024年に1000億円規模へ 周辺産業にも波及効果 | BCN+R
https://www.bcnretail.com/market/detail/20200831_188434.html

ライブがオンラインになればそれを楽しむ用のグッズも必要になってくるはず。そこに新たなチャンスが。

2020年9月より新デザインの制服を着用開始~さらなる「働きやすさ」と「環境への配慮」を追求し、オリジナルの素材を開発~ | ヤマトホールディングス
https://www.yamato-hd.co.jp/news/2020/20200821.html

見慣れない制服の人が配達に来ても驚かないようにしましょう。逆に古い制服には警戒を。

【グラバンゴー】、コンビニにAmazon Goキラー導入!低コストで食品スーパーにも拡大? | 激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ
http://blog.livedoor.jp/usretail/archives/52099763.html

Amazon Goよりもお手軽にできるとなればあっという間に広がる可能性も。

WEB特集・その広告 行き過ぎていませんか? | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200902/k10012596121000.html

広告も自社のブランドだということをお忘れなく。

初の「TikTokクリエイター白書」を発表。バズるコンテンツの裏にはクリエイターたちの秘策が! | TikTok For Business
https://tiktok-for-business.co.jp/archives/4119

「冒頭のインパクト」「飽きさせない展開」「オチをつける」がポイントとのこと。

今週の名言

断られても可能性がゼロじゃなかったら諦めない。チャレンジしなかったら失敗や挫折もないけど、何の結果も生まれないじゃないですか。
─写真家 山田一仁氏

【日本の名カメラマン】 世界最高峰で活躍 プレミアリーグも認めた「カズ」 | Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/feature/1794

何事もやる前からあきらめていてはダメですよね。やってみて得られることは多いので、どんどんチャンレジしましょう!

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム