Webコンサルティングなどのステージグループは2月13日、ネット通販に関する消費者調査を実施し、その結果を公表、それによると、消費者はスマートフォンで閲覧した際の通販サイトに対し、“商品画像と説明の明瞭さ”を求めていることがわかった。

「スマホの通販サイトに最も求めることはなんですか?」という問いに対して、回答者全体の31.4%が「商品画像・説明が明瞭」を望んでいることが判明。40~49歳の女性では最も高い55.0%が回答した。20~29歳男性(31.0%)、40~49歳男性(36.4%)、30~39歳女性(34.3%)はいずれも30%を超えている。

続いて多かったのが、「商品の並び方が見易いこと」が全体で18.0%。20~29歳女性は23.1%、30~39歳女性は22.9%が「商品の並び方が見易いこと」を求めている。

ステージグループが実施したネット通販の消費者調査①

スマホの通販サイトに求めることについて

スマホで通販を利用した人に対し、どんなタイミングで商品を購入したのかを質問。全体では50.3%が、「購入する商品、購入するサイト、共に決まっている段階」と答えた。続いて多かったのが、「購入するサイトは決めているので、そのなかから購入したい商品を探す段階」で29.4%だった。

30~39歳の男性・女性では、20%超が「購入する商品は決めているので、どのサイトで購入するか探す段階」と回答。当該年齢の男性は26.1%、女性は27.6%だった。

ステージグループが実施したネット通販に関する消費者調査②

同じ通販サイトで2回以上利用した理由について

同じECサイトで2回以上利用したことがあるユーザーに対し、リピートした理由も聞いた。最も多かったのが「送料が安価」で54%。また、51%のユーザーが「自身が購入したことがある安心感」と回答し、初回購入のハードルを越えればリピート客になる可能性が高いことがうかがえる。

ステージグループでは、「リピーター獲得に向けた施策として、『初回購入者限定の送料の割引(もしくは無料化)』などのキャンペーンが有効」と指摘。「『発送が迅速』『商品の数』『有名サイト』『他店舗より安価』『信頼、安全なお店』の回答も高い回答率を示しているので、これらの要素も踏まえて店舗独自の特徴を打ち出していけばリピーター率が高まる」とまとめている。

調査概要は以下の通り。

  • 調査対象:関東・中部・近畿地方で働く20~49歳の男女
  • 有効回答数:333人(20代:男性56名、女性57名、30代:男性56名、女性56名、40代:男性56名、女性52名)
  • 調査方法:インターネット調査(期間は2015年1月27日~2月3日)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム