物流アウトソーシングサービスを提供するオープンロジは4月20日、ネット通販事業者の海外向けEC需要に対応する海外発送の業務受託サービスを始めた。物流アウトソーシングサービスの「オープンロジ」を利用すると、管理画面を通じて海外配送に関する業務を簡単な入力業務だけで処理することが可能。オープンロジが提携した物流会社から海外に商品を発送、必要な物流業務をすべてアウトソーイングできるようになる。

まずは提携している物流倉庫1社で対応。先行して業務のオペレーションの標準化、イレギュラー対応などをシステム化し、対応先の物流倉庫を増やしていく。

「オープンロジ」を利用するEC企業は、出庫依頼画面で配送先の国名、宛先を入力して出庫依頼をするという簡単な入力作業だけで海外向けの発送作業が完了する。海外発送用の梱包やインボイスの対応などの海外発送に関わる業務は、Webを通じてアウトソーシングできるようになる。

配送方法はEMS(国際スピード郵便)を活用。EMS配送料(料金はこちらを参照)に加え、作業料としてMサイズまでは300円、Lサイズ以降は500円が必要となる。入庫料、保管料は別途必要となる(オープンロジの料金などについての参照記事)。

オープンロジの海外向け発送に関する受託業務の料金表など

「オープンロジ」の海外発送手数料を含めたサービス表

300グラムの荷物をアジアに向けて配送する場合、EMSの料金は900円。Mサイズであれば、これに海外発送手数料として300円が加わり、入庫料・保管料の16円(Mサイズの場合)をプラスすると、1216円で配送できる。

スタート当時はEMSのみの対応だが、今後、SAL便、小型包装物など重量サイズの軽い荷物を手軽に発送ができるように準備するという。

海外発送には、現状では対応していない物流企業との連携も模索。オープンロジが海外発送のオペレーションを標準化し、海外発送の運用実現に向けた対応も行うとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム