よろしければこちらもご覧ください

商品購入・サービス利用時に「広告」を意識する割合は女性の方が多い――。

東京都が都内に住む20歳以上の男女3000人を対象に実施した「都民の消費生活に関する意識調査」で、こんな調査結果が明らかになった。

商品購入・サービス利用時に「広告」を意識する人は全体で34.4%(意識する、どちらかと言えば意識する、の合計)。これを男女別に見ると大きな差が出た。

男性は28.5%にとどまるのに対して、女性は40.2%。その差は11.7ポイントで、女性の方が男性よりも「広告」を意識して商品購入・サービス利用していることが浮き彫りになった。

女性の4割は「広告」を意識して商品購入・サービス利用する。男性は3割未満【「都民の消費生活に関する意識調査」の結果】

商品購入・サービス利用時の「広告」に対する意識(性別・年代別)

年代別に見ると、若年世代が「広告」を意識する傾向が高い。最も高いのは20代で39.6%、30代が36.8%で続いた。

最も低いのは40代と70代以上で31.6%。40代以上の年代は全体の値を下回っている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]