よろしければこちらもご覧ください

日本でもブラックフライデー(米国では年末商戦の幕開けを告げるイベントとされ、11月第4木曜日の翌日から翌週の月曜日にかけて各小売店が大幅割引セールを行う感謝祭)にちなんだセールが行われるようになったものの、該当セールで買い物をした人は9%にとどまった。

マクロミルが実施したブラックフライデーに関する調査によると、ブラックフライデーにちなんだセールなどで買い物をした人はほんのわずかという結果に。

マクロミルは「クリスマスやハロウィン、バレンタインのように、多くの人が買い物を楽しむようなイベントには、まだほど遠いようです」とまとめた。

「ブラックフライデー」にちなんだイベントでの買い物状況

「ブラックフライデー」にちなんだイベントでの買い物状況

そもそも、ブラックフライデーの浸透度が不透明。調査によると84%が「知っている」と回答したものの、その内訳を見ると「内容まで知っている」が31%、「聞いたことがある」が52%だった。およそ3人に2人がブラックフライデーの内容を理解していない状況にある。

ブラックフライデーを知らない人に聞いてみると、「ブラックフライデー」という言葉に対して、「悪い、暗い、不吉なことが起きそう」「金曜なのに残業」「週刊誌ネタ」といった回答があった。

「ブラックフライデー」の認知について

「ブラックフライデー」の認知について

EC業界ではブラックフライデーにちなんだセール企画が増えているが、今後の浸透度はどうなるのだろうか。「日本に定着すると思うか」と聞いたところ、「定着する」は52%、「定着しない」は48%。

ブラックフライデーは今後、日本にも定着する?

ブラックフライデーは今後、日本にも定着する?

「定着する」と回答した人の理由は次の通り。

  • お得だから
  • セールで安いから
  • お祭り・イベント好きだから
  • アメリカで流行ったものは日本でも流行るから
  • ハロウィンやクリスマスも定着したから

調査概要

  • 調査主体:マクロミル
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:20代~60代の男女(マクロミルモニタ会員)
  • 割付方法:平成27年国勢調査による、性別×年代×エリアの人口動態割付/合計1,000サンプル
  • 調査期間:2016年12月1日(木)~12月2日(金)
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム