現在地

ビジネスコンサルティングサービスなどを手がけるソフトブレーン・フィールドが1月31日に公表した、日用品・生活必需品のネット通販の利用に関する調査によると、20代以上の既婚女性が直近1年間で日用品や生活必需品の購入に利用したECサイト・アプリの1位は「楽天」だった。

日用品や生活必需品を半年間に1回以上、ネットで購入する既婚女性(N=614人)を対象に、直近1年間で日用品や生活必需品の購入に利用したECサイト・アプリを聞いた。

その結果、1位は「楽天」(76.2%)、2位は「Amazon」(73.9%)、3位は「ヤフーショッピング」(44.1%)、4位は「宅配系サイト・アプリ」(21.2%)、5位は「LOHACO・アスクル」(18.7%)。

直近1年間で日用品や生活必需品の購入に利用したECサイト・アプリ(ソフトブレーン・フィールド調査)

直近1年間で日用品や生活必需品の購入に利用したECサイト・アプリ

前回調査(2016年2月実施)と比べて「楽天」は2.2ポイント減、「Amazon」は3.3ポイント増、「ヤフーショッピング」は7.9ポイント増。

日用品・生活必需品をネットで買う理由の上位には、「送料が無料だから」(49.8%)、「ポイントサービスが使えるから」(43.6%)、「品物の持ち帰りが大変だから」(38.4%)、「リピート購入だから(現物確認の必要がないから)」(30.3%)などがあがった。

日用品・生活必需品をネットで買う理由(ソフトブレーン・フィール調査)

日用品・生活必需品をネットで買う理由

購入カテゴリは化粧品がトップ

直近1年間で1回以上、ネットショッピングの経験がある既婚女性(N=735人)を対象に、ネットで購入する日用品・生活必需品のジャンルを調査した。

「化粧品」が48.2%でもっとも多く、2位以下は「衣類雑貨(下着・タオル等)」(32.4%)、「米」(21.5%)、「水・飲料」(21.0%)、「洗剤等のトイレタリー」(18.4%)と続いた。

日用品・生活必需品をネットで購入する頻度は、「半年に1回以上」が42.3%で最多。次いで「月に数回」(26.5%)、「毎月・隔月で定期的」(10.6%)、「毎週定期的」(4.1%)となっている。

ネットで購入する日用品・生活必需品のジャンル(ソフトブレーン・フィールド調査)

ネットで購入する日用品・生活必需品のジャンル

調査概要

  • 調査対象:ソフトブレーン・フィールドにキャスト登録しているアンケートモニター(ネット通販利用経験がある既婚女性)
  • 回答者数総数:735人
  • 調査方法:ソフトブレーン・フィールドのリサーチサイト「リサれぽ!」を活用したインターネットリサーチ
  • 調査期間:2017年12月5~12日
  • 回答者の年齢:20代=1.9%、30代=19.3%、40代=45.6%、50代=28.4%、60代=4.8%
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム