総務省統計局はこのほど、「家計消費状況調査」の結果を踏まえ、世帯ごとの1か月あたりのネットショッピング支出額について、世帯主の年齢階級別の違いなどをまとめた。

2人以上の世帯において、世帯主の年齢階級別に1か月あたりのネットショッピング支出金額を計算すると、「50~59歳」が1万5842円で最も多い。

次いで「40~49歳」が1万5242円、「40歳未満」は1万4928円、「60~69歳」は9435円、「70歳以上」は4723円。全世帯の平均は1万586円だった。

世帯主の年齢階級別ネットショッピング支出金額(二人以上の世帯)

世帯主の年齢階級別ネットショッピング支出金額(二人以上の世帯)

支出金額の増加率は平均24.0%。年齢階級別では「70歳以上」が32.5%で最も高く、次いで「60~69歳」が27.8%、「40歳未満」は25.2%、「40~49歳」は24.7%、「50~59歳」は19.9%。支出額が少ない年齢階級ほど増加率が高い。

世帯主の年齢階級別ネットショッピング支出金額の対前年名目増減率(二人以上の世帯)

世帯主の年齢階級別ネットショッピング支出金額の対前年名目増減率(二人以上の世帯)

支出割合は「旅行」が22.9%で最多

ネットショッピング支出額の項目別割合は「旅行関係費」が22.9%を占めている。「食料」は14.3%、「衣類・履物」は10.8%、「教養関係費」は10.0%、「家電・家具」は8.9%、「保険・医療」は4.9%。

ネットショッピング支出割合(二人以上の世帯)

ネットショッピング支出割合(二人以上の世帯)

「衣類・履物」への月間支出額は1138円で、前年比26.3%増と大きく伸びた。「紳士用衣類」が同33.2%増、「婦人用衣類」は31.7%増、「履物・その他の衣料」は同13.2%増となっている。

ネットショッピング支出金額の対前年名目増減率【衣類・履物】(二人以上の世帯)

ネットショッピング支出金額の対前年名目増減率【衣類・履物】(二人以上の世帯)

「食料」の月間支出額は全世帯平均で同21.3%増の1516円。内訳は「食料品」が同15.8%増の1111円、「飲料」は同26.1%増の295円、「出前」は同91.2%増の109円。

ネットショッピング支出金額の対前年名目増減率【食料】(二人以上の世帯)

「家計消費状況調査」は、購入頻度が少ない高額商品やサービスの消費、ICT関連消費の実態を調査したもの。総務省統計局は6月29日、「家計消費状況調査」の2017年1~12月のデータを使い、世帯主の年齢階級別のネットショッピング支出金額などを「家計消費状況調査年報」としてまとめた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム