現在地

CX(カスタマーエクスペリエンス)プラットフォーム「KARTE(カルテ)」を提供するプレイドは3月19日、アプリ利用者の行動をリアルタイムに解析し、セグメントごとにメッセージ配信やプッシュ通知などを行う「KARTE for App」の提供を開始した。iOSとAndroidに対応している。

「KARTE」はサイト来訪者の行動をリアルタイムに解析し、過去の購入履歴や閲覧情報、属性データなどとあわせて顧客の現在の状況を可視化するツール。「KARTE for App」は「KARTE」のアプリ版としてリリースした。

プレイドが「KARTE for App」をリリース

「KARTE」のアプリ版「KARTE for App」

「KARTE for App」と「KARTE」をWebサイトとアプリに導入した場合、共通の管理画面でウェブとアプリのユーザーの行動を解析することが可能。ウェブ、アプリ、メール、SMS、LINEなど、さまざまなツールで顧客との接点を持ち、統合的なコミュニケーションが可能になるとしている。

「KARTE for App」の正式リリースに先立ち、クローズドβ版を一部企業に提供した。すでにフッションECサイト「ZOZOTOWN」や料理レシピサイト「クックパッド」などが導入している。2社はWebサイトにも「KARTE」を導入する予定。

「KARTE」がこれまでに解析したユーザー数は、2015年3月のサービス開始から3年間で累計22億ユニークユーザー(同社公表値)。

「KARTE for App」の導入企業

「KARTE for App」の導入企業

「KARTE for App」の特徴

  • アプリにいるのがどのような人で、どのような体験をしているのかを「知る」
    アプリ内のユーザーをリアルタイムに解析し、会員・ビジターを問わずにあらゆるデータを蓄積。アプリ内のユーザーの行動やモチベーションの変化を、正しく理解することが可能
  • 自由度の高いアクションを実現
    行動イベントやユーザー情報を自由に組み合わせてセグメントし、プッシュ通知やアプリ内メッセージを簡単に配信できる
  • Webと横断した顧客体験の提供も可能
    Webサイトに「KARTE」を導入している場合、共通の管理画面からウェブとアプリ双方のユーザー行動データを解析することも可能

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社