ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)は5月24日、オンライン事業者向けの決済代行サービス「オンライン決済ASP」が「Google Pay」に対応したと発表した。

「オンライン決済ASP」を利用している事業者は、自社のアプリやウェブサイトの決済手段として「Google Pay」を導入できる。

「Google Pay」は、Googleアカウントに登録したクレジットカード情報で支払いを行う決済サービス。ECサイトなどでの決済時にカード情報を入力する必要がないため、支払いの手順が簡素化され、離脱率の抑制が期待できる。

消費者の「Google Pay」利用イメージ

「オンライン決済ASP」が「Google Pay」と連携したことで、JapanTaxiが運営するタクシー配車アプリ「全国タクシー」の支払いを「Google Pay」で行えるようになった。

SBPSの「オンライン決済ASP」はカード決済や携帯電話キャリア決済、コンビニ決済、各種ID決済などを提供しており、決済に関わる手続きや契約、収納代金の入金管理などをトータルで行っている。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]