靴とファッションのECサイト「LOCONDO.jp」を運営するロコンドは8月13日、顧客が自宅で計測した足のサイズデータを使い、足にフィットする靴を簡単に探せる新たなサービスを開始した。

足型を計測するためのメジャー「ロコメジャー」で足の長さや幅を計測。サイズデータを「LOCONDO.jp」のメジャー入力欄に入力すると、足型に合った靴のリストが表示される。

「ロコメジャー」は紙タイプのメジャーで、無料配布している。

PDFでもロコメジャーを提供している

足のサイズデータを活用して最適な靴を探そうとすると、ミリ単位の正確性が求められることから、スマホを使った簡易計測は難しい判断した。

足型を測る際は、専用シートを足の下に敷き、足の長さを計測。次に「ロコメジャー」を切り取って足の周囲の長さを測る。QRコードからサイトにアクセスし、計測したサイズを入力すると、足型に適した靴のリストが表示される。

ロコンドが提供するロコメジャーの使い方

「ロコメジャー」の使い方(画像はロコンドのサイトからキャプチャ)

身体サイズのデータを活用して商品を提案する取り組みをめぐっては、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが全身計測スーツ「ZOZOスーツ」を配布している。

スタートトゥデイは「ZOZOスーツ」で計測したサイズデータを活用し、プライベートブランドのTシャツやビジネススーツなどを販売。今後は足やバストサイズなども自宅で計測できるようにした上で、靴や下着を販売するとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]