ヤフーはこのほど、2019年10月に予定されている消費増税で予想される消費行動について、消費者アンケートを実施して結果を公表した。3000人にアンケートを実施したほか、2014年の消費増税前後の「Yahoo!ショッピング」のデータも踏まえてレポートを作成している。

消費増税前に買いだめをする予定の消費者は約3割

「来年の増税前に買いだめをする予定はありますか?」という質問に対し、「する予定」と答えた割合は28%、「しない予定」は27%、「わからない」は45%だった。

ヤフーはこのほど、2019年10月に予定されている消費増税で予想される消費行動について、消費者アンケートを実施して結果を公表した
消費増税前のかいだめ意向について

買いだめを「する予定」と答えた消費者に、買いだめをする商品ジャンルを聞いた。

1位は「日用品」(24.1%)、2位以下は「家電」(18.4%)、「高額商品」(16.2%)、「食料品」(13.6%)、「ファッション」(8.7%)、「お酒」(6.8%)、「コスメ」(6.0%)となっている。

ヤフーが実施した、2019年10月に予定されている消費増税で予想される消費行動についての調査 買いだめする商品について
買いだめする商品について

2014年増税時の「Yahoo!ショッピング」の動向は?

「Yahoo!ショッピング」では、2014年4月の消費増税時に駆け込み消費が発生した。2014年2月中旬から3月後半にかけて、週次の取扱高が急増。取扱高が最も多かった3月25日は、前年比1.6倍だったという。

ヤフーが実施した、2019年10月に予定されている消費増税で予想される消費行動についての調査 2014年増税時の「Yahoo!ショッピング」の動向
2014年増税時の「Yahoo!ショッピング」の動向

駆け込み消費が顕著だった商品は、家電カテゴリーや車・バイク・自転車カテゴリーといった高単価商品のほか、ペット用品やコンタクトレンズなど年間購入単価が高い商品だったとしている。

2014年における商品ジャンル別の年間取扱高は、「家電」が前年比172%、「車、バイク、自転車」が同162%、「ペット用品、生き物」が同159%、「ダイエット、健康(コンタクトレンズ等)」が同151%、「コスメ、美容、ヘアケア」が同147%となっている。

ヤフーが実施した、2019年10月に予定されている消費増税で予想される消費行動についての調査 2014年における商品ジャンル別の年間取扱高

調査概要

  • 調査期間:2018年11月16日~11月17日
  • 調査対象:Yahoo!クラウドソーシングユーザー3000人
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム