ECサイト構築などを手がけるエルテックスが公表した、通販やECに関する消費者調査「通信販売に関する【消費者調査】2018 Part2」によると、EC利用者600人のうち、ソーシャルログインを利用したことがある割合は20.3%だった。

なお、同調査におけるソーシャルログインの対象には、FacebookやTwitterといったSNSのIDを使ったログインサービスに加え、楽天やAmazonなどのIDを使ったログインサービスも含まれている。

EC利用者600人のうち、ソーシャルログインを利用したことがある割合
EC利用者600人のうち、ソーシャルログインを利用したことがある割合

ソーシャルログインを利用したと回答したユーザー(n=122)を対象に、利用経験があるソーシャルログインを複数回答で質問した。

サービスごとの利用割合は「Yahoo!(55.7%)」「Amazon(50.0%)」「楽天(46.7%)」「Google(27.9%)」「LINE(26.2%)」「Facebook(23.0%)」「Twitter(20.5%)」「mixi(5.7%)」。

EC利用者600人のうち、ソーシャルログインを利用したことがある割合(サービスごとの利用割合)
サービスごとのソーシャルログイン利用割合

フィードフォースもソーシャルログイン利用率を調査

フィードフォースが2017年2月~2018年1月に実施したソーシャルログイン利用状況調査では、最も多く利用されたソーシャルログインは「Yahoo!J APANログイン」だった。

Webサイトにソーシャルログイン機能を実装するASPサービス「ソーシャルPLUS」の導入企業において、Facebook、Twitter、LINE、Yahoo! JAPAN、Google+のいずれかのソーシャルログインを実装している全サイトを対象に、おけるソーシャルログインの利用状況を調査した。

その結果、Yahoo! JAPANが32.5%、LINEは27.1%、Facebookは20.3%、Twitterは11.9%、Google+は8.2%だった。

ソーシャルログイン 利用アカウントの割合(フィードフォース調査)
ソーシャルログイン 利用アカウントの割合(フィードフォース調査)
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム