富士経済がまとめた「次世代物流システム・サービス市場の調査結果」によると、宅配ボックスの国内市場規模は2025年に220億円に拡大する見通し。市場規模は2017年の約2倍。

配送業者が、宅配の荷物を玄関先などに置く「置き配」などの普及により、戸建住宅向けと集合住宅向けの市場が伸びると予想している。

2025年の市場規模220億円のうち、戸建住宅向けが約4割、集合住宅向けは約6割。

富士経済がまとめた「次世代物流システム・サービス市場の調査結果」によると、宅配ボックスの国内市場規模は2025年に220億円に拡大する見通し
宅配ボックスの国内市場(戸建住宅向け・集合住宅向け)

集合住宅向けは分譲マンションや賃貸アパートなどのほか、駅や商業施設などの宅配ロッカーも対象としている。

「次世代物流システム・サービス市場の調査結果」では、物流向けドローンの国内市場規模も調査した。物流向けドローン市場は2017時点で約2億円だが、2025年には25億円に拡大すると予測している。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]